「私の幸せってなに?」このままの人生でいいのかと迷ったら、、

リトリーブサイコセラピー®療法を用いて
東京で愛着問題を専門とし、
問題解決のサポートをしている
心理セラピストの愛乃ここみです。

やっと暖かくなってきたかと思ったら
また、雪が降りましたね~
慌てて、閉まっていた冬の布団を
引っ張り出しました(笑)

まだまだ、この時期外出する際には
1枚羽織るものを用意していると
安心かも知れませんね。

____________________

さて、本日のテーマは
私の幸せってなんだろう?
自分の幸せがわからない
そんな心理について書いてみます。

数年前から同棲している
彼のことが大好きだけれど
一緒にいるのが辛い
と相談に来た女性のお話を聞いてね
感じたことを書いていこうと思います。

たとえば、
・彼と居ても彼が
 愛されている自信がない
・周りから別れた方がいいいよと
 よく言われる
・裏切られているように感じることがある
・一緒にいても信用できない

けれど、彼と離れることができなくて
いつも、このままでいいのか?
本当にわたしは幸せなんだとうか。
という不安が頭をよぎる、、、
そんな想いをしたことはありませんか?

以前のわたしは、
よくこう感じていたんですね。
彼氏がいるのに幸せじゃない(*´Д`)ってね(笑)

でね、そういうひとは
そもそも自分の中に
安心、安全という
心の安全基地がないんです。

*安全基地というのは
嫌だ~
こうしたい
これが欲しい
みたいな
誰にでもある自分の素直な感情や、
欲求を出しても誰かが
自分を受け止めてくれる
愛してくれるという
安心な感覚
「あなたが心から感じられている」こと
だから、生きていくために最も重要な基盤なんですね。

これがないと、相手の行動に対して
「こう言ったら
相手に迷惑かもしれない」

「こうしたら
相手を怒こらせるかもしれない」

「こうなったら
怖いことが起きるかもしれない」

「こうなったら
相手は離れていくかも知れない」

「わたしが至らないせいで
相手を

 怒らせているのかもしれない」

と、警戒し相手の反応に対して
怒らせない状況をつくったり
自分から相手が離れていかない状況を
つくることで
まやかしの安心感を得ようとするのです。

だから、いくら頑張って相手にとって
良いことをしようと務めても
その努力によって感じるまやかしの幸せは
そもそも、無意識の中で
自分を愛してくれる存在などいない
無条件に自分が愛されている
という自信がない状態なので
不安を埋めるための頑張りにしかならず
一向にこころは満たされない状態なのです。

だから、信じたい相手を目の前にしても
いつも不安、孤独、信じられない
という感覚が拭えないのです。

なぜなら
その信じたい相手ですら
あなたは自分を愛してくれると
信じることが怖いのです。
そうやって、
もし一瞬でもこころから信じて
相手に裏切られてしまったら
「やっぱりわたしは
誰からも愛してもらえない」

と感じて
生きていけない程、怖いからです。

もし、あなたがこのような心の状態で
恋愛をすると
自分の不安を感じないようにするための
相手ありきの恋愛となって
常に相手に合わせるスタンスをとるか
もしくは、いつも自分が努力するような
本当の意味でありのままの自分を
優しく包んでくれるような男性との恋愛を
避けてしまうのです。

これって悲しくないすか。

幸せになりたいはずなのに
彼が好きなはずなのに
目の前にいるひとは、、、
愛してくれないと信じている今の世界。
ガーーーーーン

えーーーーそんな訳ない!
だって彼は優しくしてくれることもあるし
信じられる時もある( `ー´)ノ
と感じているひともいるかも知れません。

たしかに、そういう時もあるかもしれませんね。
そんな時は今の彼だけでなく
過去の恋愛ではどうだったか
思いだしてみて下さい。

あなたが今満たされているのなら
このブログを読んでも
こころに違和感を感じたり
えーーーーーー( `ー´)ノ
という反応すら起きないのではないでしょうか。

ただね、この状態になることは
あなたが悪いと否定している訳ではないんです。
なぜなら、このように感じるのに至るには
ちゃんと理由があるんです。

たとえばね、幼少期にこんな経験はないですか。
✓親が暴力的、支配的だった
✓親が可哀想なポジションにいた
✓親が自立していない
✓親が人を信用していない
✓夫婦仲が悪い
✓片親が情緒不安定で、
残る片親も石像化している

✓家の中で常に誰かの顔色を伺うことで
バランスをとっていた

ほんの一例ですが仮にこのような
体験を幼少期にしていると
子供は自分の感情を素直に感じて
表現し、受け止めてもらえる
愛されている存在なんだ
という安心感が育たないのです。

だとしたら、あなたがこれから
自分の幸せを感じられるようになるために
必要なことはなんでしょう。

このようなひとの本当の問題は
幼少期に得られなかったこころの安全基地
(愛される存在なんだ)という
自分の中にあるべき感覚を

彼に(恋愛対象に求めて)
抱きしめてもらったとき
優しくされたときに
自分を必要としてくれる
自分を愛してくれる
と感じられるところにあります。

このまやかしの安心な感覚が一瞬でも欲しいので
彼との関係性に執着し、
彼がいないと生きていけない状態になっていくのです。
けれど、これでは誰かがいないと
生きていけないことには変わりなく
自分の中に本来あるべき安心感が
いつまでもない状態にか変わりないんですよね。

(これだと、彼という存在がいないと
死にたくなってしまいますよ~)

まずは、そもそもなぜ自分は
□こんなにも一人が寂しいのか
□不安なのか
□ひとを信じようとすると怖い
□彼がいないと
 生きていけないような気がしている
□尽くしているのに
 彼が振り向いてくれないことに
 本当は腹が立っている
など

今あなたが抱えている問題から
こころから感じている感情に
自分が気づき寄り添っていくこと
で自分の望む幸せがいえてきたり
解決の糸口がみえてくるのです。

そして、セラピーなどで
本当の安心な感覚を体験することは可能です。
そうすることであなたが本来望むべき生きかたや
欲しい愛情を自然に自分で得ることが出来るように変化します。

わたしもこうやっていくつもの感情に寄り添ったお陰で
人生が劇的に変化しましたよ(*´▽`*)
今では彼との関係性がなによりも心地よい。

さて、あなたの幸せとはなんでしょう。

これからどんな幸せを感じながら
生きていきたいですか。
辛い時に我慢することが
あなたの幸せなのでしょうか。
いつも彼に合わせることが
あなたの幸せなのでしょうか。

気持ちを誤魔化して偽りの安心を
求めるのをやめませんか。

自分の幸せは、自分でちゃんと掴める
あなたにはその力も
能力もすでにあるのですよ。

*安全基地、セキュアベースについて
詳しく知りたい人はこちらを参考にしてみてね
http://www.yourexcellence.jp/2101

人生の繰り返す不幸なパターンを断ち切り
今、あなたが本当の自分へと生まれ変わる

【対面セッション】30,000⇒20,000
【時間】120分(現在こちらの時間のみ)
【開催場所】渋谷会議室
(お部屋は空き状況により変更します。
詳細は、お申し込み後に連絡致します。)
お申し込みは《こちら》からどうぞ

 

関連記事

コメント

  1. この記事へのコメントはありません。

  1. この記事へのトラックバックはありません。

PAGE TOP