“わたしって本当はどんな人?自分の人生が見つからない” という迷路からの脱出法

リトリーブサイコセラピー®療法を用いて
新宿 渋谷で愛着問題を専門とし
問題解決のサポートをしている
心理セラピスト@愛乃ここみです。

先日友人とBBQに行ってきましたよ~
知り合いの方から、豪華な海の幸を頂いて
大満足でした( *´艸`)

そうそう、今年の夏の予定は
もう立てましたか?

わたしは今年も、
どこの花火大会と海にいこうか
仲間と話しながら
今から夏のイベントにワクワクしています。

温泉旅行もイイでですよね~

_____________________

さて、今日のテーマは

【自分の人生どうなるんだろう、
わたしの気持ちってなんだろう?】

本日はそんな時の心理について
書いていこうと思います。

「どうしたいのか、
自分の気持ちがわからない!」
そんな風に思うことってありませんか。

わたしはこんな風に自分の気持ちが
ないように感じて悩んだりすることは
そんなに珍しいことでは
ないように思っています。

でも、「自分の気持ちがわからない」
そう思うと、なんだか
この先の人生どうしたらいいかわからない
動きたくても、思うように動けない
そんな不安を感じ
困惑してしまったりしますよね。

でもね、大丈夫そんなあなたも、
全く自分の気持ちがなくて
感じていない
わけではないんですよ。

本当は、自分の気持ちもこうしたい!も
感じることができるんだけど、、、

その感情を認めてしまったら
自分が傷つくかも知れない
相手に迷惑をかけるかもしれない
受けいれてもらえないかも知れない

と警戒して、心が不安な状態にいるから
思うように感じられず
自分の感情がよくわからない状態に
陥っているのかもしれません。

なぜなら、あなたの中に
自分の素直な気持ちや感情に
寄り添ってもらえた
という経験がないからです。

例えばこんな風にモヤモヤを
感じたことはありませんか?

□自分の決めたことに対して
これで良かったのかと不安を感じる
□誰かに言われたことならこなせるが
自分で考えて実行することが苦手(不安)

□新しいことにチャレンジしても長続きしない
□どうせ自分がやってもうまくいかないと思う
□できない理由は自分は頭が悪い、
能力がないからだ
□いつもナニクソ!という
反抗的な感情で頑張っている
□理由もなくイライラすることが多い
□自立がしたいと強く感じる
□決めても他人に強く言われると
そうかも知れないと自信がなくなる

こんな風に感じているひとは対人関係で
自分の感情を感じないように抑えて


誰かの感情を『そうだね』
鵜呑みにして、飲み込んだり

『これをいったら相手を
傷つけるかもしれない』
と妄想し罪悪感をもってしまっていたり

言われないけれど、こんな場面では、
『きっとこうに違いない』などと
先回りして気持ちを察してあげることで

相手の気持ちに敏感になることで精一杯、、
だからこそ、自分の本当の気持ちを
わからなくしていることで

相手と同じ感覚を持つことが出来たり
そうしていないと自分が安心できない
そう感じている可能性があるんです。

こうのような状況を繰り返していることで
本当は自分の心の中では、嫌だ!と
感じる場面でも
その気持ちに寄り添うことが出来ずに
いつも自分の中にモヤモヤが残ってしまう

なぜなら、
こうして我慢して自分を感じないように
抑えていないと本当は
自分の気持ちは誰も
寄り添ってくれない
わかってもらえないという想いが
隠れているのかも知れません

そんな事実を認めてしまえば
絶望を感じて、
今自分は何のためにここにいるのか
どう生きて行けばいいのかわからない
等という気持ちを感じて
孤独にさいなまれてしまう
死ぬほどの恐怖を感じてしまうので
あえて感じないように
蓋をしてしまっていたという人も多いのです。

たとえば、自分の感情を感じることが
苦手だと感じているJさんは
こんな状態に悩んでいました。

OLのJさんは、入社5年目で残業も多くて
責任ある仕事を任されていました。
チームを組んで取り組む仕事の
リーダーを務めていたのですが、
仕事上の失敗をしないかといつも不安なんです、、、

そして、いつも自分のしている仕事に対して
上司やチームの同僚からの評価が気になって
そのことばかりを考えて
1日中心が休まらない

そんな日々を過ごすうちに
ある時期から体調不良を
感じるようになりました。

「会社に行こうとすると
身体が思うように動かない」
今までは、どんなに仕事がハードでも
何とか乗り切ってこれたのに
「今はそれができないんです」

だから、疲れすぎたのかと思い
休暇をとろうと考えたのですが
周りに迷惑をかけるような気がして
申し訳なくてできないいんです。

このままだと、体調は悪くなる一方だし
仕事もうまくいかないし
こんな時どうしたらいいですか?

 

このように、自分の体調はもうだめだと
サインをだしているのに
実際に休もうとすると自分がダメなことを
しているような気持ちに繋がってしまう

仕事をしていても辛い、休むこともシンドイ
だからこの場の状況を変えられない、、
どうしていいかわからない、、、、
罪悪感と責任を必要以上に感じてしまう。

本来ならば自分の気持ちを感じながら
折り合いをつけてできることも
感情を抑えて頑張り続ることになれている人は

この状態に陥りやすく
自分を犠牲にして、
身を削りながら人生を進めることを
しばしばパターンとして繰り返す
という場合もありますね。

この他にもたとえば、
☑感情表現ができないので、論理的に説明する
☑痛みを感じにくい
☑うつ状態になることがある
☑疲れがわからない
☑情動がそもそもない
☑周りの感情の動きについていけない

長年ずっと感情を抑え込むことに
慣れてしまうと
感情を出してもいい時でも
気持ちを感じにくくなっている可能性は大なのです。

では、なぜこのように自分のことなのに
自分の気持ちがわからないと
不安を感じるようになってしまったのでしょうか。

全てがこれに当てはまるわけではありませんが、
これは幼少期の親子関係、養育環境が
大いに影響を及ぼしているのです。

たとえば、
□支配的な親に育てられた
□虐待によってそもそも感情をだすことを拒否された
□共感してもらえたと感じられなかった
□過去の辛い(思い出したくない)記憶に
蓋をするために感情を感じないようにした
□感情をだすと家族に誰かに迷惑をかけた
感情をだしたら笑われたり、
恥ずかし想いをさせられた
□感情を出しても受け止めてもらえなかった

このような経験をすると、
自分の感情に共感をしてもらえた感覚が持てず、
自分という存在が不確かな感覚になったり
人に対して感情を素直に感じて表現することが
恐くなってしまうのです。

ここから抜け出すためにはセラピーなどで

自分の感情を感じても死んだりしない

感情を感じても自分は崩れない
自分の感情を感じて表現することは
誰かを悲しませることではない

自分の気持ちや感情は
わかってもらえる

受け止めてもらえる

という安心を体感し、腑に落とすことです。

あなたは自分の感情を
素直に感じる能力も

自分の感情を
表現して生きる力も

人と気持ちを共有し
こころから安心を感じて
生きることができます。

だとしたら、今あなたは
どんな人生を創っていきたいですか?

もしあなたが今心の中で、
モヤモヤを感じているのなら
わたしたちセラピストがお役に立てると思います。

人生の繰り返す不幸なパターンを断ち切り
今、あなたが本当の自分へと生まれ変わる
※女性限定

【対面セッション】30,000⇒20,000
【時間】120分(現在こちらの時間のみ)
【開催場所】渋谷 西荻窪セッションルーム
(お部屋は空き状況により変更します。
詳細は、お申し込み後に連絡致します。)
お申し込みは《こちら》からどうぞ

人生の繰り返す不幸なパターンを断ち切り
今、あなたが本当の自分へと生まれ変

◆一般社団法人 日本NLP心理セラピー協会会員
http://jnpta.com/
◆HP http://cocomiaino.com/
◆facebook https://www.facebook.com/ainokokomi/
◆Twitter https://twitter.com/ainokokomi

◆無料メルマガ  「愛する人と繋がる、最高な人生の歩み方」
会員限定のお得情報や、
個人セッションの情報をいち早く受け取ることができます。
ご登録はこちらからどうぞ

葉っぱ《オススメ》
一般社団法人 日本NLP心理セラピー協会主催の
カウンセリングを受けてみたい方へ

遠方の方、まずは電話で話を聞いて欲しい
電話カウンセリングをおすすめします。
日本リトリーブサイコセラピー協会所属の
トレーニングを受けた心理セラピストが担当しています。
(※愛乃は担当しません。)

関連記事

コメント

  1. この記事へのコメントはありません。

  1. この記事へのトラックバックはありません。

PAGE TOP