なぜ、DV・モラハラ 暴言や暴力から、逃げることができないのか 解決方法は?

リトリーブサイコセラピー®療法を用いて
新宿 渋谷で愛着問題を専門とし
問題解決のサポートをしている
心理セラピスト@愛乃ここみです。

バレンタインデーですね~
最近、デパートでは様々なイベントが開催されて
色とりどりの美味しそうなチョコレートが販売されて
女性が楽しそうに選んでいる姿をよく見かけます。

日本では、『女性から男性に愛の告白をする日』
という意味もあるようですが・・・
私にとっては、毎年会社の上司に
義理チョコを選ぶのに必死なイベントです(笑)

さて、本日のテーマは
_____________________

なぜ、DV、モラハラ
暴言や暴力から、逃げることができないのか
解決方法は?
_____________________

あなたは今、心から幸せだと感じられていますか

好きで一緒にいるはずの恋人関係、
もしくは夫婦関係において
『これって本当に愛されているの?』
『一緒にいていいの?』
『もう別れた方が
いいのかもしれない、、、』

『いつか彼は
変わってくれるかも、、、』

もしくは、関係に疲れ果てて
『彼と別れるなんて無理』
などと不安に感じながら、

それと同時に、こころの片隅では
でも彼がいなくなることも不安
と長年感じながら
同じような不安定な関係を
繰り返していませんか。

そうなんです。
今こんな風に暴力や
暴言に悩んでいる女性が
非常に多いんですよね。

すでに沢山の方がご存知の
歌手グループや
家庭内の虐待で児童が亡くなった
ニュースでも報道されたように

親密な関係性の中で
暴力と暴言が日常的に行われる
というケースが増えているのです。

これってね
『じゃあ、別れたらいいじゃないか』
って、単純に思う方もいると思うんです

そうなんですよ
本当は暴力や暴言をされたときに
嫌だ!、と逃げ出したり
自分を大事に扱える女性
であったら問題は深刻化する前に
回避できたかもしれません

でも、この記事が気になって
読んで下さる方は
少なからずそれができない人
だから悩んでいると私は思うのです。

なぜなら
『彼にいつか愛してもらいたい』
と期待する気持ちが強かったり
『彼がいなくなる不安』
が人一倍大きからだと思うのです

だからこそ
自分を守ることができない
大事にすることができない
女性が多くいるというのも
1つの社会問題なのかなと私は感じています

ここでいう
自分を守ることができないというのは

・嫌なことを断ることができない
・極度に人に嫌われたくない
・孤独感に耐えられない
(自分を必要としてくれる存在が欲しい)
・誰かのお世話をしていないと
 自己価値が見いだせない

つまり、このような人にとって

人との関りとは
嫌な感覚ありきなものでしかなく

温かい、愛情や温もりで
関わるということを知らない
むしろ、本当の愛情は
怖くて信じられないもの

というような深刻な心の問題
抱えているという意味です。

そうそう、こんな風に女性側に対して
書いているわけですが、、、
誤解しないでほしいのは
暴力をする側が悪くない
女性側に非があると
言っているわけではありません

暴力をする側、暴言を吐く側に
他人がどんなに尽くしても
変えることができません
本人の強い意志があり、専門家の下で
カウンセリング(治療)など援助を受けない限り
難しいと私は推察します。

だからこそ、あえて取り上げていないだけで
もちろん暴力は許される行為ではありません。

でも、暴力を受けた側
(ここでは女性側)の人生は

自分次第でいつからでも
変えることができるのです

そのために、知って欲しいのは
なぜDV、デートDVなどをする人が
増え続けていると思いますか?
ということなんです、、、、

一つは暴力や、暴言をする側と
受け入れる相手が存在することで
『関係性が成り立つ』ということです。
(片方だけなら、成立しません)

幼少期の『愛着の問題』を
双方が抱えているので
偏った人間関係に
依存してしまうことだと思います

愛着については
こちら詳しく書いてありますので
参考にしてみてくださいね。

これが、別れたくても別れられない
原因の一つではないかなと
私は推察します。

色んな要因があると思うのですが
今回はこの歪んだ関係性について
注目してみるとですね。

このように人間関係に依存した状態を
嗜癖 しへき(アディクション)
というのですふが

たとえば、
彼を怒らせないように、機嫌がよくなるように
自分を犠牲にして必死に努力したり
求められていないのに
子供のお世話を必要以上にする行為
などもこれに該当します

では、嫌なんだけれど、、
この状況を継続することで
どんな状況になるのか?

☑本当の自分の直面したくない(問題)
嫌な感情を感じなくて済む
(問題の根本解決から遠ざかる)
☑高揚感を感じる
☑これなしでは、自分が保てなくなる
☑不利益な状況でも、やめられない
☑習慣化し、やがて固定化される(当たり前になっていく)

その結果、脳が自分にとって正しい判断力を失い
自分の意思でコントロールできなくなり
この状況から
一人では抜け出せなくなってしまうのです。

だとしたら
あなたは今の状況を
どう感じるでしょうか

うん、、、怖いですよね

本当は、この状況から抜け出したいと
思っていたはずなのに
無意識にこの歪んだ人間関係の中でしか
生きられない状況に
なってしまっているわけですから、、、、

では、どうしたらこの状況から
抜け出るのでしょうか?

本当に命の危険があるなどの
危機的な状況であれば
専門の相談所や、シェルターなど
支援や援助を受けたり
自分の身の安全を
確保することが再優先だと思います

そうでない場合は
自分は『被害者であり続ける』という
ポジションから抜け出す勇気は
必要かもしれません

そして、相手を変えるための努力ではなく
自分を大事にできる努力に
シフトすることです

そのためには
今、彼といることで回避できている
自分の『本当の問題を解決する』ことです

本当の問題とは、幼少期のあなた自身の
トラウマや心の恐怖を解決して
人間関係の歪んだつながりを続けるのではなく
温かさや、温もりで人とつながるという
こころの安心感をあなた自身が取り戻し
誰かに左右されることなく自分自身の人生を
自分の足で歩いけるようになることで
解決に向かうはずです

あなた次第で、いつからでも
未来は、変えることができますよ

人生の繰り返す不幸なパターンを断ち切り
今、あなたが本当の自分へと生まれ変わる
※女性限定

セッション時間   :約120分のみ
開催場所      :渋谷、新宿周辺のセッションルーム
キャンぺーン一般価格:30,000→20,000円
新規メルマガ会員価格:(更に割引)15,000円
→新規メルマガ登録、ご感想を頂ける方
※お部屋の空き状況を確認し、
 詳細場所はお振込み後にメールでご連絡致します。

◆一般社団法人 日本NLP心理セラピー協会会員
HP
facebook 
Twitter 

◆無料メルマガ  「愛する人と繋がる、最高な人生の歩み方」
会員限定のお得情報や、
個人セッションの情報をいち早く受け取ることができます。
ご登録はこちらからどうぞ

 

一般社団法人 日本リトリーブサイコセラピー協会
電話カウンセリング
詳細、お申し込み方法、担当セラピスト紹介などは、
こちらをご覧ください。


料金:カウンセリング料金: 3,000円
※日本リトリーブサイコセラピー協会会員 2,000円
時間: 60分
※当日の延長はございません。
再度のお申し込みを御願いいたします。

関連記事

コメント

  1. この記事へのコメントはありません。

  1. この記事へのトラックバックはありません。

PAGE TOP