職場の人間関係は、どうしたらうまくいくの?

リトリーブサイコセラピー®療法を用いて
新宿 渋谷で愛着問題を専門とし
問題解決のサポートをしている
心理セラピスト@愛乃ここみです。


東京 渋谷にて開催します

【残2名様】明日 

6月7日金 18時30分~
『努力しても、
楽に生きられない人

のための お話会』
 お気軽にご参加ください!

※お話会の概要、お申込みについて
詳しくは↑こちらの画像をクリックしてください


東京は明日から梅雨入りですね、、、

暑い日が続いていたので、
少し涼しくなってくれると

『ありがたい、、、』
なんて思いながらも

雨が降ると、
『洗濯物が外に干せない!乾かない!』
という複雑な気持ちでいますが(笑)

みなさんはどうでしょうか。

 

さて、今回のテーマは


人との距離感や関わり方わからない
人づきあいって、どうすればうまくいくの?


セッションの場でもよく耳にするのが
上司や同僚などの
人間関係がうまくいかない
というお話、、、

昔のわたしの上司に、私も人間関係のことで
相談したときに
こう言われたんですよね

相手の好きな食べ物を差し入れしたりして
胃袋を掴め

嫌なことは角が立たなように
我慢するのではなく、笑って言えばいいとか

業務の話以外、聞いているフリをして
関わらないようにしたらいい

苦手な相手に対して、ムキになるだけ
労力がもったいないから
やめたほうがいい

こんな風に、アドバイスされたんですよね(*’▽’)

なるほど。。。。

1、2回は聞いた手前
私もこれを試そうと努めましたが
(真面目か!)

なんか腑に落ちないんですよね
実際にやっても関係性が
うまくいくわけでもなかったし( ̄д ̄)

上司は、きっと自分なりに
折り合いをつけて
人間関係を創っていたようですから

それはそれでいいんですよね
でも、私には合わなかった
なぜなら、、、、

わたしが苦手としてい男性は
入社当初(心理の知識も浅い頃)

私よりも15歳以上も年上で、
立場(役職)があり
当然、部下をリードし

尊敬するに値する人だ
と思って(想像して)接しきました

しかし実際に、働く中で感じた
等身大の彼の印象は

喜怒哀楽のコントロールが苦手で
気に入らないことがあると
しばしば癇癪を起こし

自分は良くて、他人はダメ
部下の手柄は自分のモノ

部下の責任はとらない、、、
なんとまぁ、まるで
ジャイアンのような人物でした( `ー´)ノ
(だから当然各方面から嫌われていました)

この私の中の、上司という男性像
実際に出会った上司のギャップを
受け止められずに悩んでいたのです

心理の世界で職場は、
よく家庭に置き換えて考えられるのですが
まさに、当時のわたしは

理不尽な男性上司=母親、父親
自分=子供
という幼少期の感覚を持っていて

職場の人間に
家庭で両親に感じていた感情を
のせて見てしまう

投影を起こしていたんですよね( ;∀;)

だからこそ、
本当は理想であるはずの上司
でいて欲しいのに
理不尽な上司を無理に好きになって

相手にも自分は
好かれないといけない

でなければ、
嫌われて、仕事を失って

この職場に居場所はない

そんな自分には価値がない

これを感じることがすごく恐怖で
いつも上司の目が気になって
上司が気に入るかどうかで

自分の行動を決めるので
ビクビク顔色を伺い
心身共に疲弊していく、、、、

という悪循環な状態になっていることに
後にセッションで気づきましたw

でもね、よく考えてみてください

上司に嫌われた
=自分の価値感がなくなる

っておかしいと思いませんか(笑)

そうなんですよ

そもそも、この感覚が

幼少期に何らかしらの要因で
あなたの中に今まで
あるのが本当の問題なのです

ですから、
上司があなたを好きになるように
あなた自身が行動を
変えるというのは

根本の問題解決にはならない

ということなんです

セッションを受けた後にわたしは
この理不尽な上司に、

無理に好かれるように
振舞わらなくてもいい

たとえ彼に嫌われたとしても
自分の価値は変わらない

という感覚に変わってから
職場で上司に会っても無駄におびえたり

今まで彼を監視しなくなって、
意識が彼に向かなくなったんです

それからは
本来の業務に集中することができたり

自分の好きな同僚や上司との関係の中で
協力したり沢山の喜びを
感じられるようになったんですよね

無理に嫌な相手にフォーカスをあてて
好かれようと努力しなくていいのですから

とっても気持ちは
楽になったんですよね~(*´▽`*)

(変な意識がないので
おかげでその上司とも、
自然に話ができるようになりました)

というわけで、
今回は職場の人間関係について
幼少期の家族との感覚が投影されて
いるというお話をしてきましたが

みなさんはどうでしょうか。

もし、苦手な人がいる、、、
仕事を断れずに引き受けてしまう、、、
楽をしている同僚に腹が立つ、、、
などのお悩みを抱えてるとしたら

もしかしたら
あなたの中にある過去の恐怖が
人間関係をこじらせているのかもしれませんね

では、また(*´▽`*)


東京 渋谷にて開催します

【残2名様】明日 

6月7日金 18時30分~
『努力しても、
楽に生きられない人

のための お話会』

※お話会の概要、お申込みについて
詳しくは↑こちらの画像をクリックしてください

あなたにお会いできることを
セラピスト一同楽しみにお待ちしています


◆一般社団法人 日本NLP心理セラピー協会会員
HP
facebook 
Twitter 

◆無料メルマガ  「愛する人と繋がる、最高な人生の歩み方」
会員限定のお得情報や、
個人セッションの情報をいち早く受け取ることができます。
ご登録はこちらからどうぞ

◇ リトリーブサイコセラピーとは

 

ロフィール 愛乃ここみ

株式会社ユアエクセレンス 推薦セラピスト

数年前まで不幸な恋愛を繰り返し
ストーカー、暴力、暴言が日常でした。

リトリーブサイコセラピー(心理療法)に出会い
自身の問題を克服し、元DV彼と結婚。
30歳から本格的に心理を学びセラピストになる。

漠然とした生きづらさを抱えている、、、
暴力やモラハラ夫(彼)との関係、、、、
摂食障害、、
人が怖い、、、、

人間関係に悩む女性を中心に
心理セッションや、
カウンセリングはもちろんのこと

小学館発行の @DIMEでのコラム協力
https://dime.jp/genre/669816/)
夫婦でセミナー等を開催するなど
女性の生きづらさを解決、
サポートする活動を行っている

 

 

関連記事

コメント

  1. この記事へのコメントはありません。

  1. この記事へのトラックバックはありません。

PAGE TOP